「たまにはかな書道展」のお知らせ

おはようございます。
福岡に生息しているタロット占い師・林レイコです。

今日は文字の力というか、出会いについて書きますよん。
もう6年前になるけど、書道の先生と知り合いになった。

「言霊」「文字の力」と、その存在の大きさを知る機会がある。
けれど、高丘先生のはまた違うパワーだと感じちゃう。

その理由は、「ひらがな」の美しさに凝縮されているからかもしれない。
先生が書く文字には、音が聞こえる。
軽快なメロディーが聞こえたと思えば、ズシンズシンと響くドラムが隠れていたりなんというか、カルテット的なものオーケストラ的なものと
自由自在の書なの。

また、文字だけのこだわりではく、それを囲む額縁との共同作業も楽しめる。
目の前の額が書の世界と、現実との隔たりを作るのだ。

こっちは空想の世界、こっちはリアル、とね。
額の向こう側では、万葉集の歌人が可憐だけど、
案外ドロドロの歌を詠んでいて
これがまた、人間性があってとても好き。

先生の文字は、それらをひとつの「絵」として見せている。
何はともあれ、お近くの方もそうでない方も
ぜひ、書の世界を堪能してくださいませ。

**********************************************************
「裕竹会」
期間:2016年4月5日〜10日
時間:10時〜18時(最終日17時)
場所:アクロス福岡B1F 南側通路ギャラリー

通路なので、作品数はめっちゃ多くはないのです。
けれど、ひらがなの美しさ、額縁とのかみ合いなど、
一緒に楽しんでください。
**********************************************************

メディスンカードで今日の一枚を引くと

52「52. Black Panther(逆)」が登場。
強さ、孤独を意味するカードが出た。

ここで、ターキーやスカンクの登場はないんだな。
漆黒のイメージが強い黒ヒョウがドーーン!

書のことをアレコレ書いたせいかしら?
黒と墨で直結したイメージ過ぎるやろ
ダジャレか?←いや、ダジャレじゃない(^_^;
でも、コレシカナイと思えるような選択だよね。

部族にもよるだろうけど、ネイティブアメリカンにとって
黒は高貴な色と記憶している(ソースはレイコ)。

暗闇って怖いけれど、そこで自分と対峙する時間は
何らかの答えを得るし、クールダウンできる。
時間をかけることで、新しい発見もあるよね。

その見えない不安(闇?)に直面できるのが黒ヒョウなのだ。
また、悩む原因の魔物を爪でバッサリ助けてくれるのも黒ヒョウ。

ただ、「逆位置」が出たってことは、自分の考えに揺るぎが生まれていないか
確認する機会を持ってほしい。
もしくは、考えを押しつけて正当化していないか、再確認して。

20160405C
孤独は怖くない
★レイコのタロット教室★
マンツーマンで学ぶ一日講座:「タロットってなんじゃロット(超初級)」
→詳細はココをクリック←
ご依頼はinfo365go@gmail.comに申し込んでくださいね。
遠方から来られる方はできるだけ合わせますので、事前にお知らせくださいな。

★チャット占いアプリにも参戦中
アプリ(「チャット占いなら ウラーラ(uRala)」)をダウンロード。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました