森林セラピーに最適な篠栗九大の森 〜2〜

おはようございます。
タロット占い師の林レイコです。

さてさて、前回の話はココ

どこかに行こうと決めかねていたところ、タロットで提案があったワケです。
カードの記憶ない→ 1)「太宰府にあるとある神社」←今はやめとけ
ワンドの逆→    2)「九大の森」行っていいけど、つまづくよ
ペイジの逆→    3)「志賀海神社」悩むくらいならこっちに来い

この「つまづく」って言葉がソレな、って言いたくなるくらい爆笑の出来事だった。

ちなみに、博多駅バスセンター利用で太宰府行きを考えていたの。GWくらいは「別ルートを使ってみよう!」の軽い思いつきね。

が、その「太宰府行き」のバスラインは、すっげーーーーー長い行列なわけですよ。こりゃタロットが「今はやめとけ」って言い切るハズだわ。速攻却下するよね、うん、うん。

道に迷うのはわかっていつつも、スマホは持たない
20180513
▲行き・戻りの色を変更するの忘れた、すみません!

いきなりですが、目的地に行くまでの流れは順調。問題発生ははバスを降りた、ところから。事前に下調べを怠っていて、降りたら看板なり、目印などが存在すると勝手に考えていたのだ。けれど、「篠栗九大の森」は九大の持ち物。大学が好意で一部分解放してくれているだけ。

バス停近くで「どうしたもんかなぁ」と思っていると、犬の散歩をしている妙齢のご婦人に遭遇。私の格好で「この人は森に行きたいのだな」とわかったらしい。丁寧に場所を教えてもらったはいいが、バッチリ間違ってしもた。

右に行けといわれれば、左に曲がる大いなるあわてんぼうなオレ。あぁ〜自分が恨めしい。地図の赤い矢印の恐ろしいアップダウン道を(2時間は確実)歩いて、車がバンバン通る道を越え、どっかのバス停でおやつのパンを食べ、目的地に行けない散歩ですよ。←この時点で気持ちは帰宅向き。

森は今度にしよう、うん、消えないし…と自分に言い聞かせた。トボトボ帰りのバス停に向かっていたら、電柱に「篠栗九大の森→」と看板が出ているじゃないですか!!!!私の小さな眼は一体なにを見ていたのか????自分を叱咤、叱咤、叱咤、ネコパンチ100回浴びさせましたね。

で、どうしたか…

行ったさ!120分以上遅れて…、元気のない足取りで…、トイレ問題はどうするか、と悩みつつ、ね(^_^)。森に向かいながら、タロットの「つまづき」の意味がはっきり理解できて声に出してワロタ。

ついに、森とご対面
DSCF7408

2018-1入り口近くになると、さすがに人と出会う。(それまではほとんど皆無)
ここは、かなりの人に認知されている場所だったのね。駐車場は軽く渋滞中。

そこを横目で通り過ぎると、このような看板が出ていた。当たり前のことが、当たり前に書いてある。つまりは、それを守らない人も多くいるってことなのだろうなぁ。とても残念だよ。

「森は女性ひとりではアブナイかも」と何かで読んだので気合い入っていたのだが、そんな心配は杞憂でしたわ。カップルやら家族連れやらひとり散策やら、ありとあらゆる「やらやら」が多くて、入り口は近くの公園状態。

DSCF7418
▲季節によって景色は違うでしょうが、今回は歩きやすかった。
DSCF7425
▲森の息吹というか、呼吸音が聞こえてきそうでしょ?

そして、しばらく歩くと例のアレが見えてきますよ。それはもう突然にってひと目ぼれ的に出てくるのではない。みんなの目的はソコなので、もう、カメラを樹木に向けた方々がめっちゃいるから、すぐにわかるのだな。

アレの正体(?)は、落羽松(ラクウショウ)。北アメリカ原産の落葉針葉樹で別名ヌマスギと呼ばれている。これが池のほとりに植樹されているのだが、どのアングルから撮ってもカッケーー雰囲気バンバンなのよ。選ばれし方々はどんなアングルでも「うひょ〜」ってことか。もちろん撮る側の腕が良ければ、その「うひょ〜」は倍増だけどね。

DSCF7427
DSCF7432
DSCF7446
▲水量が減るとこんな感じで根っこが浮き彫りになる。

季節が変わったら、森がどんな色を醸し出しているのか写真を撮りに行きたいな。秋になるとまた空気も凜として森と対話できそうだ。

その他の樹木はこんな感じ
DSCF7477
▲勝手に「アーガイルの木」と命名
DSCF7482
▲上にこっそり咲いていた花。恥ずかしがりすぎだわよ!
DSCF7484
DSCF7500
DSCF7503
▲きれいな丸い光りがかわゆくて何枚も撮ってもた。
DSCF7508
DSCF7509
まとめ:森に感謝と九大の森には、公共機関を使って行こうぜ

樹木好きは是非遊びに行ってほしい場所ですわ。ただ、何度も書いていますが九大の好意で立ち寄らせてもらっているところなの。それを誤解しないでくださいね。

ラクウショウはいくつか点在しているけど、北口近くのがよく写真に撮られている場所。周囲は約2キロくらいの池なので、気をつけてみていれば誰でも探せる。柵越えとか、ロープからはみ出すとかは禁止ですから〜。

あと、南口から入ったとき成長途中のラクウショウと最初に出会います。まだまだ若い樹木。だからといって「ナニ、コレ、小さい」「写真に撮られてたのってコレ?ガッカリだわ」と思わないでくださいね。

うまくは言えないのですが、樹木は負のエネルギーを吸い取ってくれる、そう思っています。えっと、浄化作用があるって書くとわかりやすいかな。森林浴でパワーチャージ、とか聞いたことありませんか?以下、個人的な意見ですが(^^ゞ…

人の「気枯れ」を樹木が吸い取って、きれいな空気として放出していると思うのだ。だからね、一歩一歩進むごとに「枯れていた気」が充満して、森を出るころには元気ハツラツに変身できちゃう。もしくは、気持ちが落ち着く、やわらかい感情が戻って来るのだ。

樹木の年齢は関係なくて、成長途中の木でさえも負を取り込んで外に出す作業を鋭意続行中。もちろん、他の仕事(鳥の休憩場所は話し相手(?))も兼務しつつ(^_^)私たちを支えてくれているってこと。とってもありがたい愛じゃないですか、感謝、感謝ですよ。

また、違う季節にお邪魔させていただきます。ありがとうございました。

DSCF7515
▲ハイ、森の探検終了♪

アクセス方法:天神バスセンターまたは博多駅バスセンターから「粕屋警察署前」まで片道500円。降車後、普通ならばバス停から15〜20分で現地に到着ッスよ←涙目

トイレは森の中にはありません。南口に設置されているのみになります。
今日のあなたにごきげんよう♪

20180513
料理が面倒なときは、常にスープ
★レイコのタロット教室★
マンツーマンで学ぶ一日講座:「タロットってなんじゃロット(超初級)」
→詳細はココをクリック←
ご依頼はinfo365go@gmail.comに申し込んでくださいね。
遠方から来られる方はできるだけ合わせますので、事前にお知らせくださいな。

★チャット占いアプリにも参戦中
アプリ(「チャット占いなら ウラーラ(uRala)」)をダウンロード。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました