タロットで未来をノゾキミル

次回のイベントで〜〜〜す
今年度はコレが最後、来年は2月からになります。
★★★★★ミラクル☆フェスタ 博多南駅★★★★★★
「林レイコのタロット占い+ART」が参戦しま〜す。
開催日:2016年12月11日(日)
時間:10時〜15時くらいまで
鑑定料:15分/1000円
★★★★★ミラクル☆フェスタ 博多南駅★★★★★★

イベント鑑定料で設定していますよん。
ブログを読んでレイコってどんなヤツよ、と思われたら是非(^_^;  ―――――――――――――――――――――――――

ちわ、ちわ、ちわです。
福岡でタロット占いをしている林レイコです。

タイトルに書いたノゾキミルってちょっとエッチな感じに受けませんか?
え??オレだけ???イッヤァァアン〜〜〜ハズい!

覗く、除くと、漢字で書けば「見る」、「除外」「カウントしない」など
さまざまな言葉が出てくるよね。
けれど、ここで書いている「ノゾキ」は、マンマの「チラ見」「垣間見る」と同じ。
まさに占いってソレだよ、ソレ!の世界ッスよ。

ただ「見る」のではなく
もっと広範囲、ピンポイントに「ノゾキミル」のが、占い師なのですな。

…で、タロットだけど、ノゾキミル手法が虫眼鏡だ!と再確認したのよ。
近くを見るのに適している拡大鏡
今流行の(流行ってるのか?)ハ◎キルーペとでも言えばいいかしらん?←違う
  何を?
どこを?
誰を?
いつ?

時間や場所、対象者などなど、特定に読み解く。

反面、それは知りたくない事実を提示されられることもある。
カードってクールだから「見せるだけ」、当事者が抱える感情なんて考えない。

じゃ、淡々と未来を知らせただけなのか…となるとそうではないよ。
当事者にとって好まないことであれば、
こうすればそれを回避、もしくは軽減できるんだから〜…と
飴と鞭は標準装備している。

ただ、水面に石を投げると波紋が広がるように
ノゾキミタ世界は鋭意拡大中と思ってもらっていい。
拡大鏡のように「一部分をノゾキミル」、それが私が考えるタロット占い。
ひと言で「当たる・当たらない」ではないのだなぁ。

あれれ?まとまりがつかなくなったけど
ま、ともかくアップしちゃえ。

20161207C
この未来はノゾキミタクナイ
★レイコのタロット教室★
マンツーマンで学ぶ一日講座:「タロットってなんじゃロット(超初級)」
→詳細はココをクリック←
ご依頼はinfo365go@gmail.comに申し込んでくださいね。
遠方から来られる方はできるだけ合わせますので、事前にお知らせくださいな。

★チャット占いアプリにも参戦中
アプリ(「チャット占いなら ウラーラ(uRala)」)をダウンロード。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました