占い師になりたい」ってなに? 「占い師になる!」だよね。

おはようございます。
タロット占い師の林レイコです。最近ツイッターも始めましたので、応援フォローお待ちしてマス。
20190220

▲衛生で操られている感アリ

よく「占いは好きなんだけど、占い師に向いているかどうかわかりません、どうでしょうか?」と質問されることがある。それって「したいか・したくないか」だよね、とお伝えするのだ。

だって、「向いていますか?」の問いに「いやぁ〜無理っすよ」って答えたら、その情熱は消すのか、消せるのかってヤツですもんね。

ポレポレ(pole pole/福岡市南区高宮3-7−2-1F 高宮駅徒歩約3分)
出没日:土曜/2月23、3月2、9、16、25、30日
時間:19時〜21時くらいまで(休む可能性もあるので、レイコに予約がオススメ)
鑑定料:15分/1500円 
好きならゴーしかない

好きという情熱があるのなら、それは「向いている」ってこと。でもね、向いているってのは誰が決めるものでもなく、自分のナビに指示を出せばいいだけ。誰かの許しをもらわなくてもヨロシイのです。

また、1度は好きだったとしても、「そうでもなくなった」時も罪悪感なんて必要ない。情熱がなくなったときに「向いていないって昔言われたもんね」ってことだけは言っちゃダメ。興味があることにしっかり向き合った自分を、まず褒めちぎる!そして、違う興味にココロが傾いた、ナビのバージョンがアップされたと考えればヨイのだ。

自分に無理のない道なら、ナニも設定する必要などなくてスムーズに進むはず。誤解して欲しくないけど、スムーズは「楽」ってことではないよ。どれだけ睡眠時間や食事の時間を削っても、楽しくて仕方がない、夢中になっちゃう。それがスムーズ。自分の意識に忍耐と努力がチラ見しない、それが「好き」ってことなんだと思う。
好きなら、興味あるなら、「向いているか」なんて聞かずにユーやっちゃいなよ、ですわ(^_^)。

向かないからって文句あっか

去年、星読みの講座を受講したとき、講師が私に言ったセリフ、「あ〜辞めない方がよかったですね」。私がグラフィックデザインの仕事を辞めて、こっちの道に来たと伝えたらぼそっとつぶやいた

それ、言うか???だって、「この仕事どうですか」なんて聞いてないよね。勝手に私の資質を決めないで欲しい。すっごく、すっごくイヤな気分になった。その言葉を聞いてから、一気に星読み興味が急降下。60分が苦行のように感じたわ。スンマセン、ココロが狭いの。

たしかに、その仕事が「合う・合わない」は存在する。でもね、だからナニ?と思っちゃうの。合うのならば、そのまま突き進めばいい。合わないのならば「合う場所探し」をすればいいだけ。それが「合う」人よりも時間かかるかもしれませんが、いいじゃん、誰かを傷つけるワケでもなし(^^ゞ。

それに、「好き」を見つけて行動したもの勝ちです。勝ち負けではないけれど、自分を幸せにするのは自分しかない。今の自分に満足していたとしても、興味があることに飛び込まない理由にはなりませんよね。未来の自分を作るのは、今の自分の情熱しかない。

未来の自分を後押しするのは、今いる自分の行動が大きなカギなのじゃぁ〜〜〜〜。

カギ穴にオイルさすの手伝いま〜す♪
20190220C
▲どんな隙間も自由自在
★レイコのタロット教室★
マンツーマンで学ぶ一日講座:「タロットってなんじゃロット(超初級)」
→詳細はココをクリック←
ご依頼はinfo365go@gmail.comに申し込んでくださいね。
遠方から来られる方はできるだけ合わせますので、事前にお知らせくださいな。

★チャット占いアプリにも参戦中
アプリ(「チャット占いなら ウラーラ(uRala)」)をダウンロード。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました