久山町「伊野天照皇大神宮」 〜一歩外に出ると、そこはもう学びの場 またですか!〜

ちわ、ちわ、ちわ。
占い師の林レイコです。

本日、GWの最終日は久山町「伊野天照皇大神宮」へと向かったのであったさ。こんなに天気が悪いのに、最終日は神社に行こうと決めていたから。それと友人から折りたたみ傘をもらったので、多少の雨なら平気という気軽さもあった。

が、朝から空模様が怪しい。本当に神社に行くべきか、掃除に燃えるかタロットに今回も聞いてみた。すると、「戦車」ですよ、しかも正位置で真正面からこちらをにらみつけるのね。「ナニ、考えている、さっさと身支度して出ろ」そんな声が聞こえるくらい。

で、化粧もソコソコに(重要)ともかく家を飛び出した。でも、本当に行くべきの????とタロットを疑ってみたけど、結果は「行く必要アリ」だったのだな。

DSCF7519

まず、この久山町「伊野天照皇大神宮」は、「九州のお伊勢さん」と親しまれているお宮。福岡藩三代藩主、黒田光之が伊勢神宮の構法を学ばせるために神主や工匠を伊勢まで派遣したとのこと。つまり、社殿や鳥居も伊勢神宮と同じ形式をとっている。

私も1度しか伊勢神宮に参拝していないけれど、五十鈴川で身を清めて内宮に入るのだが、この地でもしっかり川が準備されているのだよ。

DSCF7526
▲猪野川を渡ると遠くに社殿が見えてくる
DSCF7527
▲新緑が雨に濡れてさらに色濃いよ〜〜
パシャパシャ写真を撮っていたら、おばあちゃんと出会う

もうね、バスを降りた途端「あれま、ちょっと違う」と感じるかもしれない。そして、神社に近づくにつれ、さらにその感覚は強まるのだ。みなさんの知るところである「気」の清らかさというか、透明感というかな。

DSCF7533
▲夫婦杉 恥ずかしげにいちゃいちゃしているのがいいよね
DSCF7541
▲この階段が年長者には辛いかも でも、奥はさらに山なんスよ

スゲースゲーと声に出していたら、下の方に人がいるのを発見。じっと見るとおばあちゃんがカートを持って上ってくるのだ。え????買い物?????いやいやいや、まだ、10時前なんですけど…、と思いつつそのまま樹木に挨拶をしていた。

だけど、なんとなく雨が降りそうだし、おばあちゃんはまだ上ってこないし諦めたのかな、と再度階段の下を見たら、カートを持ってじわじわ上っている!!!!よく見ると、カートからチューブが出ていて体につながっているじゃないかぁぁぁ!!!

レイコ、すばやくおばあちゃんのトコに行きましたよ。「よろしければ、上るのお手伝いします」そう伝えると、申し訳なさそうに遠慮されるのだ。でも、呼吸が辛そうで、ゆっくり上れば大丈夫とまたまた遠慮。

「あ、お邪魔ならばそのまま去りますのでお気遣いなく」と、再度お手伝いを申し出ると「本当によろしいんですか。せっかくお参りに来ているのに、ごめんなさいね。いつもは息子が来てくれるけど、今日は都合が悪かったの。」とやわらかい笑顔で語られるのだった。

ちゃんと声も出せているし、ご自身の体の流れもおわかりだから大丈夫。そう感じながら、一緒にゆっくりと拝殿に向かったのだった。

〇 ポレポレpole pole/高宮駅徒歩約3分)
福岡市南区高宮3丁目7−2 宮崎ビル1F
出没は土曜:5月12,19,26日
時間:19時〜22時くらいまで(お店に予約が確実ですわ)
鑑定料:15分/1000円 

 

10年も参拝しているおばあちゃん

本当はひとりで参拝するのは、ドキドキしていたらしいのだ。でも、息子ちゃんに「今日はひとりで行けたよ」と言いたかったらしい。「じゃあ、私がここにいたことは内緒で♪」と笑いながらふたりで上る。

おばあちゃんと肩を並べて歩いているときに感じたのは、またまた神様が「近くに誰もおらんけん、レイコ行けや」とお使いにされちゃったんだなぁ。そもそも、めちゃくちゃ今日必ず行きたい神社だったのか…ですよ。興味はあったけど、連休に行くかはギリギリまで悩んでいたもんね。

DSCF7545

拝殿到着後、おばあちゃんとお別れした。戻って来るまでいらっしゃるのだったら、また下までご一緒したけど、後から数名上って来ていたから、助けてもらったのかな。

荘厳って言葉がピッタリの場

神社を参拝している間は「雨は降らなかった」のだ。写真を見ていてわかると思うけど、実際ほんの少しは降っているハズ。でもね、樹木が覆ってくれていて階段も境内も雨に濡れていなかったのだ。これが本当に

DSCF7560

ありがたかった。

その理由はきっとおばあちゃんだ。氏子のおばあちゃんががんばって参拝する時間は、きっと空で誰かが雨をコントロールしていたのではないかな。

 

DSCF7550

 

DSCF7552
▲裏手が山なのだ、ここに登ろうとトライしたが断念
DSCF7553

▲いいよね、いいよね、いいよね、断念しても

DSCF7555
▲もっと装備を調えて(靴だけど…)次回トライするわ
DSCF7557

▲「森林浴登山」って雰囲気じゃないやい!

DSCF7559

▲ここは拝殿のすぐ裏なのに、裏山に登る途中は気づかなかった!!

 

DSCF7560

 

DSCF7565
▲このご神木の近くにいるだけで幸せな気分になった
DSCF7570
▲本殿ではなく、ここで独り言をバンバン森に聞かせてしまったわ
樹木の力がすごい

この神社は、大地の力がわき上がっているようなところ。森がすべてを包んでくれるから、全部はき出して気枯れをパワーチャージできるのではないかな。別に何かをここで感じられなくても問題ナシ。福岡市内から1時間くらいの場所で、堪能できた、それだけで十分ですわよ。

今回は途中から早く帰らねば、という気持ちが強くなったのであまり長いはできなくて残念。最近のその勘働きは案外当たっていて、帰宅時に天気は大荒れ、今も風がビュービューだ。午前中のあのしっとりとした時間はなんだったのだろう。

もっと文章も練り込んでアップしたかったけど、そんなことしてたらまたまたブログサボリの二の舞になりそうなので、ともかくピンポンダッシュ形式でゴー。読みにくい、流れがヘン、とか思っても、そこは大人の対応でヨロシク♪

20160226

またかい!!!とは言わない

★レイコのタロット教室★
マンツーマンで学ぶ一日講座:「タロットってなんじゃロット(超初級)」
→詳細はココをクリック←
ご依頼はinfo365go@gmail.comに申し込んでくださいね。
遠方から来られる方はできるだけ合わせますので、事前にお知らせくださいな。

★チャット占いアプリにも参戦中
アプリ(「チャット占いなら ウラーラ(uRala)」)をダウンロード。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました